年明けと共に訪れた燃料価格の高騰

今年の春にはいよいよ10万km到達予定ですが、外観は今の所まだキレイです。

2022年が開けてから随分と経ってしまいました。(笑)
コロナの為出かけるのをためらった両親を置いて一人で出向いた新年の初詣。
もう10年以上通ってる神社のおみくじで初めて「大吉」を引き当てた喜びもつかの間。

 この所職場内で人手不足が進んで思うように休みが取れず、そして今年は例年以上の寒さに加えて燃料価格の高騰。
  余りに寒いと私のバイフューエル車はガス運転に切り替わる水温まで中々達してくれず、ガソリンのままで運転する状態が続きます。これは流石に仕方ない。

 従来まではガソリン価格が上昇しても、「対岸の火事」の様な意識で見守る事が出来ていたのですが、今回ばかりは違う。何せ紛争・・

 天然ガスの単位辺りの価格も、ガソリンを追う様に上昇しており、過去10年余りの最高値に迫る勢いです。
 2019年の資源エネルギー庁の資料では、日本のLNG総輸入量の内ロシアからは8.3%。それが無くなった場合約1割?(何て乱暴な計算だ)いやそれ以上の値上がり具合です。
 未だ「巣ごもり需要」のお陰で、高騰分以上の売上増の恩恵を受けていられるものの、前年までとは桁違いの感染者数に明日は我が身か?と不安に駆られてては当然喜べないのも事実(実際にかなり身近な所でも陽性反応者が出てしまいました)。

 皆さんもそうであろう不安に駆られる状況の中、未だに私自身が陽性患者となるに至ってないのは何故だろう? ひょっとしたら元々「紅茶好き」が起因しているかも。
 最低でも朝の朝食時と夜の寝る前の2杯は必ず紅茶を飲みます。奈良医科大学が研究結果を発表した2020年10月以降は、それこそ「事あるごとに」口にする様に。仕事中でも紅茶を売ってる自販機があれば即買い、
 紅茶がコロナウイルスの増殖を抑える効果がある事は、知る限りでも国内の3つの研究機関でで実証されています。
 なので私も事あるごとに知人に勧めています。

 3月になってやっと陽気も戻り、気温も上がってガスの出番がやっと増えてきて、まずはホッとしています。(笑)



そんな毎日で確定申告も無事に終え、気がついたら身もクルマも手入れをすっかり忘れ、先日スタッドレスからノーマルタイヤに換えた際にはブレーキパッドが残り1mm弱とギリギリの所まで減っていたのに気がついたという次第。クルマが重い分、減りも早いという事を忘れてました。

 コロナワクチン3回目の接種券がようやく届きましたが、副反応に備えて摂取した翌日の休日を確保出来る目処も立っていない為予約する事すらままならず、そういえば自治体の無料の健康診断もまだでした。

間もなくそんな状況も改善されつつありますので、次回は遂に走行10万km達成!のご報告を出来る予定です。



CNエボリューション

個人事業主として軽貨物事業を営んでいます。天然ガス自動車を業務に使用していく事の、良かった事、悪かった事、面白かった事、色々ご紹介して行きたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)